• 川上ーショットン ゆり

ロンドン キングスクロス駅でハリーポッターごっこをしてきました!


皆様、今日は/今晩は!


今週はロンドンに住む親友(というかもうほぼ妹)を訪ねに行って参りました。


でもお仕事で忙しい彼女ですので、日中は私と長女の二人で行動していました。


水曜日に到着して、まず向かったのがキングスクロス駅。

お目当ては、長女が大好きなハリーポッターのショップでしたが、記念撮影写真が買えるそうですのでそれに参加するのに行列に並びます。


行列に並ぶ人々はイギリス人が2割もいないかな、という感じで、色々な国の言語が飛び交っています。


蛇の様にくねくねと曲がる行列に40分くらい立ちっぱなしで、やっと長女の番が来ました。


準備をしてくださるスタッフさんが居て、お好みのハウス(グリフィンドールが人気!)のマフラーと杖(ワンド)を貸してくれます。

あーやっぱりウチからマント持って行けばよかったねー!と言いながらポーズを取って、さあ撮影。


我が長女は照れ屋さんなので、軽くニマっとする程度でしたが、楽しいポーズも取れますので是非是非、ここは童心に帰ってポーズを取ってみてくださいね。


スカーフが風に舞っているのは係員さんが引っ張ってから離してくれるから!

ここで行列に並ばずにサクッと写真を撮って貰えちゃう裏技を伝授します。



それはこちらの商品VIP Photo Pass Lanyardと言うのですが、お店で当日販売していません。

事前にオンラインショップにてオーダー、送って貰ってそれを持参する形です。


しかもこのVIP フォトパス ランヤードの金額にはなんと、この写真撮影とVIPカード、更にそれを入れるケースと首から下げる紐がセットになっているのです。


これを首から下げて現れて横入りするなんてちょっと行列の方々に気が引けますが、軽い優越感に浸れちゃうかも〜(意地悪!)。


こちらの商品は世界中に発送していますので、事前に注文して日本で受け取ってもよし、もしくはストーク オン トレントやピーク ディストリクトにいらっしゃってからロンドン観光に行きたい方は私の方でご用意する事も出来ますので、是非是非お問い合わせくださいね。


その際は、ユーストン駅(ストーク オン トレントにはこちらの駅から)からキングスクロス駅までの行き方も地図でご説明します。



今回の旅では三つの博物館へも行きました。

それはまた次の機会に・・・。




<<お知らせ>>


今後のチャーターツアーのお申し込みは、現在:


11月は第2週以降12月は23日、24日、25日と26日以外の受付をしております。


クリスマスと元旦は国民の休日ですので、公共交通機関も動いていません!

冬の欧州旅行をご予定の方は事前に色々とご確認くださいね。


市街はクリスマス後はバーゲンが始まり、物凄い人出になりますので、貴重品は最低限にして身軽になさってください。


iPhoneを使用するアップルペイはほぼ何処の店舗でも受け付けていますが、今回訪問した場所では、大英博物館だけは差し込み式のデビット・クレジットカードと現金のみの受付でした。


タクシーはKaptenという新しい会社がUberよりも安かったのですが、街中だと指定した場所以外で待っていたりするので、ちょっと上級者向きかな?

あと、こちらもUberと同じく中東やアジア圏の運転手さんが多いので、英語がわかりにくいという事は若干ありました。


ロンドンの事でご質問があれば分かる範囲でお答えしますので、ロンドンにいらっしゃったらストーク オン トレントやピーク ディストリクトにも是非いらっしゃってくださいね!

お待ちしていまーす。


今年の年末年始はまだお問い合わせは頂いていませんが、来年の年末年始はありがたい事に、既に仮予約を頂いて居ります。


漠然としたプランでも良いので、訪問ご希望の方は是非ご一報くださいね。

来年の春や、大人気の6月のプランもお早めにどうぞ。

今年は6月が大盛況でしたので、また来年も6月から7月にかけて、日程がすぐ埋まるかしらと思っています。英国の6月はバラが咲き乱れて美しい季節ですものね。


 仮予約の場合もすぐには料金が発生しませんので、ご相談はお早めにお願い致します。

デポジット(手付金)は通常、ご訪問日の二ヶ月前くらいに頂いていますので、ご安心くださいね。


ブログランキングに参加しています。

今後の励みになりますので、応援のポチッをよろしくお願い致します。













47 views

​コンタクト フォーム

follow US