• 川上ーショットン ゆり

バターミルクを使ったスコーンのレシピ



イギリスのティールームへ行くと、スコーンは必ずメニューにあります。

アフタヌーンティーもスコーンがついてこないという設定はありません。

私もティールーム巡りをするのが好きで、スコーンも大抵のティールームでいただいています。

スコーンの味や硬さ、風味が理想と違うと、二回目はないかしら、とまで思うほど。

自慢になりませんが、私はあまり料理が得意ではなくて、出来る物が本当に少ないのです。

ですが、自宅で焼くスコーンは自分でもかなり美味しいと思って居ます。

それは「焼きたてマジック」のお陰だと重々承知していますので、あまり人様にお持ちした事も無いですし、我が家に来た人だけに食べてもらっています。


(形から入るタイプですので、大して使わないのにスタンドミキサーは持ってます。超便利ですね、これ)

料理下手の私ですが、それでも上手に作れるスコーンのレシピは、BBCのお料理サイトから引っ張ってきて長年使っています。

こちらです。(赤い字になっているところをクリックすると開きます)

稚拙ですが、日本語訳もしてみました。

訳しながら、はっと気づいた事が。

中学生以来、日本語のお菓子の本を見て焼いた経験がほぼないので、上手に日本語が出てきません!

あれー!

ですので、もしかしたら変な訳かもしれません。

分からなかったら、お気軽にご質問くださいませ。

さて、以下がレシピです。日本では手に入りにくい材料かもしれなくて申し訳ないのですが、ご参考になりましたら幸いです。

********バターミルクを使ったスコーンのレシピ*********

材料

・セルフレイジング 小麦粉(ふくらし粉入りの小麦粉) 450g

・塩 ティースプーン四分の一 

  • 冷蔵庫から出して冷えた状態のバター、サイコロ型に切った物 100g

  • 85g ゴールデン カスターシュガー(普通のカスターシュガーでも)

  • バターミルク 284ml

  • ヴァニラエッセンス ティースプーン2杯

  • ミルク少々

作り方

1.オーヴンを220度(ファン付きのオーヴンは200度)に余熱します。

フードプロセッサーでバター、小麦粉、塩の三つを 混ぜます。

手で作る際は、指の腹を使ってバターと粉を混ぜます。

満遍なく混ざり、塊を感じなくなる状態になったら、砂糖を入れます。

2.バターミルクとヴァニラエッセンスを弱火にかけるか、レンジで少しだけ温めます。その際、バターミルクの入れ物は捨てないでください。

大きなボウルに、1で作った粉の一部とバターミルクの一部を入れ、さっくり切るように混ぜます。この作業を材料が全て混ざるまで繰り返し、タネがまとまるまでさっくり混ぜ続けます。けっしてこねない様にしてください。

こねると、膨らみません。

3. ボウルからタネを取り上げ、二、三回手でまとめる作業をして、あらかじめ粉をはたいてあったまな板などの作業台に乗せます。

優しく生地を伸ばし、約4cmの厚さにします。

直径6から7cmのスコーン型を用いて型抜きをし、ベイキングシートを敷いたオーヴントレイに並べます。

4.バターミルクの入れ物にミルク少々を入れ、刷毛でスコーンの上に塗ります。

5.上辺が黄金色になりよく膨らむまで10から12分焼きます。

焼きたてに、クロテッドクリームとお好みのジャムをつけてニコニコとお召し上がりください。

お役に立てたら嬉しいです。

上手に焼けたら、ご報告お待ちしていますね!

ブログランキングに参加しています。

今後の励みになりますので、「あら、レシピ!スコーン焼いてみようかしら〜」のぽちっ、をよろしくお願いします。





#スコーン #アフタヌーンティー #英国菓子 #英国のお菓子 #ティールーム #英国は美味しい

​コンタクト フォーム

follow US