チャッツワース フラワーショウの日程

April 26, 2018

ピークディストリクト国立公園内でも人気のある訪問先が、チャッツワース ハウスです。

 

ロンドンから車で北上する事約3時間半。

 

列車ですと、セントパンクラス駅からchesterfield駅までが乗り換えなしで約1時間50分。

チェスターフィールド駅からチャッツワースまでは、車で約30分です。

 

(当サービスをご利用のお客様は駅まで送迎致しますので、ロンドンから列車でチェスターフィールド駅まで移動した後はもうお任せください)

 

 

さて、毎年ロンドンのチェルシーで開催されているフラワーショウは、RHS(王立園芸協会)の主催です。

 

このRHS主催のフラワーショウが、昨年からチャッツワースでも開催される様になりました。

協賛はあのウェッジウッドです。

 

昨年の様子がクリップになっていますのでご覧ください。

 

 

フラワーショウでは、5000本の藤を使った藤棚のディスプレイや(下は公式ホームページからお借りした完成予想図です)

 

英国の高山植物と多肉植物のスペシャリスト、ダーシーエヴェレスト社からも出店、展示はもちろんの事、質問があればお答えしますというコーナーもあります。

 

 

その他、様々な催し物が期間中毎日目白押しです。

 

このフラワーショウの期間は6月6日から10日までですが、6日はRHSのメンバーのみの入場となっております。

 

7日から10日までは一般客も入場できますが、気になるチケットのお値段は

・7日から9日 午前10時から午後6時半まで 40ポンド(事前予約で33、50ポンドになります)

・7日から9日 午後3時半から午後6時半まで 26ポンド(事前予約で22、50ポンドになります)

 

・10日    午前10時から午後5時まで 40ポンド(事前予約で33、50ポンドになります)

 

 

 

お勧めとしましては、宿泊プランでピークディストリクト方面に来ていただいて、1日目はストークオントレントで窯元巡り、バクストンに宿泊。二日目は朝からカッスルトンなどの風光明媚な場所を巡り、午後3時にチャッツワース ハウスへ到着、その後3時半からフラワーショウ見学、というのがベストかしらと思います。

 

6月は気候もよくて、お勧めの季節です。

ピークディストリクトも、緑の丘や谷と、花爛漫となった木々とのコントラストが美しい時期となります。

 

 

当サービスが提供するチャーターツアーはお客様の「これがしたい!」「ここへ行きたい!」を日本人によるご案内で叶えるツアーです。

 

宿泊先のご案内、ご予約も料金に含まれていますので、宿泊プランでお気軽にいらっしゃってくださいね。

 

 

この機会に、是非ご検討くださいね。

 

ブログランキングに参加しています。

 

今後の励みになりますので、「あら、素敵!実際に見てみたいわ〜❤️」のぽちっ、をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

ご無沙汰しておりました! ロマンティックなハドン ホールのお話です。

April 2, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive