チャーターツアーのご提案

May 26, 2018

あいのりツアーの告知が完了しましたので、次はちょっと敷居が高いかしらと思う、チャーターツアーのご提案です。

 

チャーターツアーはこんな方にオススメです。

過去のお客様からのご意見、ご感想をまとめてみました。

 

 

・英国が大好きで、過去に数回渡英しました。ロンドンはもう見たので、今度は英国の田舎町に興味が湧きました。

ですが、多国籍のロンドンならいざ知らず、田舎となると列車の駅から一歩出ると不安です。

 →当サービスに御依頼下さる方はイギリス通の方が多く、二度目、三度目以降の渡英の際に「もっとディープなイギリスを知りたいけれど英語には自信がないし、よりスムーズに旅をしたい」と仰る方にも大変ご好評をいただいています。

 

 

 

・英国の田舎には古き良きイギリスがまだ残っていると聞きました。行ってみたいと思うのですが、大きなツアーだと急いで見なくてはならなかったり、特に興味のない場所へも行くかなと思うと二の足を踏みます。でも一人で行くにはちょっと自信がないです。

 →はい、確かにロンドンなど大都市とはまるで違った風景が楽しめます。

小さな個人ツアーでお客様の行きたいところだけを巡る旅をご提案させて頂きます。ちょっと行きづらいかなというところにも、是非ご一緒いたしましょう。

お客様だけの特別な旅をご提案させて頂くのがわたしの喜びです。

 

 

・昔の英文学が大好きです。特に「高慢と偏見」なんてもう私の夢の世界!ミスターダーシーが出てきそうな貴族の館を見て、ゆっくりとアフタヌーンティーを楽しみたいです。

 →映画「高慢と偏見」でしたら、チェシャーのライムパーク、そしてチャッツワースがオススメです。映画「ある公爵夫人の生涯」は実際にチャッツワースのデヴォンシャー公爵夫人ジョージアナの生涯を描いた作品で、チャッツワースハウス館内にはジョージアナの肖像画が飾られています。

 

 

・映画「高慢と偏見」のロケ地をみてみたいです。でも、田舎だけじゃなくてストークオントレントでお買い物もしてみたいです。

 →ご到着日はストークオントレントでお買い物、ホテルをバクストンにして翌日はバクストンからキャッスルトン経由でベイクウェルにてチャッツワース、そして映画のロケ地ならハドンホールもお勧めです。

ハドンホールは日系アメリカ人の映画監督による「ジェーン エア」の撮影に使用されました。他にも沢山のドラマやTVのロケ地となっています。

 

昨年発行されたRSVP誌ではハドンホール領主のレディにインタビューさせて頂きました。

館内も何度も通って熟知していますし、ハドンホールのご案内ならわたくしに是非お任せください♪

(写真はハドンホール)

 

 

 

・アンティークって田舎の方が安いんですよね?アンティークショップとストークオントレントでの食器ショッピングを一緒に出来ませんか?

 →アンティークは断然、田舎の方が安いです。ロンドンの価格から多分半額以下のものもあります。アンティークショップ巡りとストークオントレントでの食器のどちらもお買い物なさる際に、チャーターツアーだと専用車での移動になりますのでお荷物を手に持って移動する事がありませんので、バスやタクシーの旅よりもずっと快適です。

 

・田舎ってバスで廻るのは大変ですか?依頼は半日でも良いですか?

 →はい、結構大変ですが、出来ない事はありません。ですが公共交通機関だとなかなか繋げない場所を半日だけ御依頼頂く場合もございます。

例えば、チャッツワースまではバス等で行かれて、ベイクウェルのお宿からストークオントレントまでを当サービスに御依頼なさった方もいらっしゃいました。

とっても賢い旅の方法ですね。

当サービス提携先のお宿の予約をさせていただきました際に、当サービスのお客様という事で割引もして頂けましたし、半日のご案内でもお役に立てて光栄でした。

是非、半日だけのご案内をご希望の方もお気軽にお問い合わせください。

 

 

・買い物や見るだけの旅じゃなくて、何かを学びたいのですけど、できますか?

→事前にご連絡・ご相談を頂けましたら、近隣で出来る短期コースなどをお調べいたします。

ウィロー(藤カゴ)編み、お料理コース、ベイキングコース、フォトグラフィー(写真)、陶芸、英会話、丘歩き、羊の毛刈り見学、そしてエコ生活の見学など。

皆様の「これがしたい!」「やってみたい!」「見てみたい!」を是非お聞かせください。

 

 

 

 

 

 

英国のティールーム巡り、というようにテーマを決めて、それに沿ったご案内も致します。

 

事前にオープン状況もお調べしますので、実際に行ったら閉まっていてがっかり、という事態も避けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピークディストリクトの絶景ポイントの一つ、モンサルヘッド。

レトロなポスターの絵柄にも描かれた事のあるピクチャレスクな絶景です。

昔は列車の線路でしたが廃線され、現在はサイクリングロードとなっています。

 

 

ブログランキングに参加しています。

 

今後の励みになりますので、「あら、チャーターツアーも楽しそう❤️」のぽちっ、をよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

ご無沙汰しておりました! ロマンティックなハドン ホールのお話です。

April 2, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive